トップ  >  医療  >  「医療用アプリ」に個人情報を預ける危険性

「医療用アプリ」に個人情報を預ける危険性

2016年03月25日

医療情報を医師と共有するためにスマートフォンの「アプリ」を使用すると、健康状態に関する個人情報が危険に曝される可能性があるとの報告が、「Journal of the American Medical Association(JAMA)」3月8日号に掲載された。
ということ。

「医療用アプリ」に個人情報を預ける危険性|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

個人の健康情報がもれることがどんな影響を持つのか。

計り知れないものがあるなと思います。

関連記事

ピロリ除菌で全身のがんが予防できるかもしれない | トップページへ戻る | ハミガキ頻度が糖尿病・脂質異常症の有病率と関連

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント