トップ  >  健康  >  足元の「冷え」が関係する気温感受性高血圧

足元の「冷え」が関係する気温感受性高血圧

2016年03月24日

足元付近の室温が10℃低下することにより、血圧は平均9mmHg上昇するという研究結果が示されている。つまり、室温を適温に設定していても、足元まで十分に暖められていなければ、それだけ末梢まで血液を送り出す心臓にかかる負荷は増大するということだ。
ということです。

足元の「冷え」が関係する気温感受性高血圧|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

足が冷えると転倒しやすくもなるそうなので、

40代からすでに危険! 転倒死をホントに防ぐ : ためしてガッテン - NHK

足を温かくするということは大切なことですね。

関連記事

ロキソニン、重大な副作用に大腸閉塞など | トップページへ戻る | 蛋白質の豊富な食事は早く満腹感を得られる

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント