トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  看護  >  看護学生の今どきの就活事情

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまで来た! 韓国の最先端“IoT”病院 | トップページへ戻る | 砂糖入り飲料、肥満に関係なく糖尿病リスク増加

このページのトップに戻る

看護学生の今どきの就活事情

2016年03月22日

今どきの看護学生の就活は、
雇われるほうとしては、
早くからいろいろな病院の情報を集めて、
インターンシップなども利用して病院を選択するというようなケースが増えていて、
雇うほうとしては、
7対一病床の絞り込みなどにより、
看護師の採用を抑制する医療機関も出てきているのだとか。

看護学生の今どきの就活事情:Aナーシング

結果的に、
人気の病院の応募倍率は上がり、
あまり人気のない病院は人が集まらない、
という傾向が強まっているのだろうなと思う。



関連記事

ここまで来た! 韓国の最先端“IoT”病院 | トップページへ戻る | 砂糖入り飲料、肥満に関係なく糖尿病リスク増加

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。