トップ  >  看護  >  認知症の発症率が低下 米の疫学調査で判明

認知症の発症率が低下 米の疫学調査で判明

2016年03月16日

60歳以上の認知症の発症率が1970年代後半以降、平均して10年ごとに20%下がっているとの疫学調査の結果を、米ボストン大のチームが米医学誌に発表した。
ということ。

医療ニュース | m3.com

日本ではどうなのだろうか?

関連記事

ほろ酔い状態は人を魅力的にする | トップページへ戻る | 日本人高齢者、運動でアルツハイマー病リスク軽減

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント