トップ  >  健康  >  日本人高齢者、運動でアルツハイマー病リスク軽減

日本人高齢者、運動でアルツハイマー病リスク軽減

2016年03月13日

九州大学の岸本 裕歩氏らは、日本人高齢者における認知症リスクに対する身体活動の長期的な影響を調査した。その結果、身体的な活動が日本人の認知症のリスク、とくにアルツハイマー病のリスクを軽減することを報告した。
ということ。

日本人高齢者、運動でアルツハイマー病リスク軽減:九州大学|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

運動は大切ですね。
関連記事

認知症の発症率が低下 米の疫学調査で判明 | トップページへ戻る | 睡眠不足でスナックへの欲求が増加

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント