FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  健康  >  制御性T細胞(Tレグ)がアレルギーになるかどうかの一つの決め手

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠不足でスナックへの欲求が増加 | トップページへ戻る | 学校への「スタンディング・デスク」導入で子どもが活動的に

このページのトップに戻る

制御性T細胞(Tレグ)がアレルギーになるかどうかの一つの決め手

2016年03月10日

自給自足で、幼い頃から家畜の面倒をみる習慣があるアーミッシュという人たちには、アレルギーが少ないのだそうだ。

不可能が可能に!? 花粉症を撃退する免疫細胞「Tレグ」が遂に発見される - まぐまぐニュース!

そのアーミッシュの人たちには、
制御性T細胞(Tレグ)というのが多く、
この細胞がアレルギー反応を抑える働きをしている。

この「制御性T細胞(Tレグ)」というのを増やしたり、
その働きを高めたりできるような薬が開発されたら、
花粉症も治るのだろうな。



関連記事

睡眠不足でスナックへの欲求が増加 | トップページへ戻る | 学校への「スタンディング・デスク」導入で子どもが活動的に

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。