トップ  >  看護  >  看護師の調剤、「診療補助行為として可能」

看護師の調剤、「診療補助行為として可能」

2016年03月07日

日本医師会総合政策研究機構は、診療補助行為についての法的な見解などをまとめた報告書を公表した。医師による調剤は医師法17条で規定されている「医業」に含まれるとした上で、診療を補助する看護師と准看護師は「医師の指示の下、診療補助行為として調剤が可能」としている。
ということ。

看護師の調剤、「診療補助行為として可能」- 日医総研、法的見解の報告書公表 | 医療介護CBnews

現場では、すでにおこなわれていることだろうと思うけど。

関連記事

ボトックス注射でランナーの膝痛が軽減 | トップページへ戻る | 看護職員夜間配置加算、8割近くが算定せず

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント