トップ  >  健康  >  聴診器はもはや前世紀の遺物か?

聴診器はもはや前世紀の遺物か?

2016年02月24日

聴診器はもはや前世紀の遺物か?:日経メディカル
という記事を読んだ。

記事の中で、
聴診音をデジタル化してデータを電子カルテに保存できる電子聴診器、
というものがあるということが紹介されていた。

さっそくAmazonで見てみたら、
Bluetoothでパソコンと接続できて、録音や再生はもちろん、
周囲の騒音の低減や音の増幅、パソコンでの音の解析、などもしてしまうという聴診器があることがわかった。



聴診器も進歩しているのですね。




関連記事

看護職員夜間配置加算、8割近くが算定せず | トップページへ戻る | ストレス予防の基本5項目

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント