トップ  >  看護  >  院内感染か、急性B型肝炎で3人死亡

院内感染か、急性B型肝炎で3人死亡

2016年02月20日

神戸中央病院(神戸市北区)は17日、昨年7月に同じ病棟に入院していた60~90代の患者3人が急性B型肝炎を発症し、死亡したと発表した。3人から検出したB型肝炎ウイルス(HBV)の遺伝子がほぼ一致し、同時期に同じ病棟に入院していたHBVの感染者の遺伝子と似ていた。
ということ。

院内感染か、急性B型肝炎で3人死亡 神戸中央病院  :日本経済新聞

記事によると、

入院していた感染者と死亡した3人に共通する医療処置はないという。

ということで、
ではいったいどうやってうつったのだろうか?

B型肝炎は、インフルエンザみたいに簡単にうつるものでもないと思うので、
それほど接点のない3人に、病院内で感染することがほんとうにありえるのだろうか?
関連記事

この男性が妻の失敗に気がついた時、全員が静まり返った。彼のリアクションが信じられない | トップページへ戻る | 看護師2交代制中止へ座り込み

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント