トップ  >  看護  >  家庭の味が認知症ケアには必要

家庭の味が認知症ケアには必要

2016年02月04日

伝統的な食品は、帰属感、アイデンティティ、伝統の感情を強め、認知症患者の文化的アンデンティティやQOLの保持や強化に役立っている。
ということ。

家庭の味が認知症ケアには必要|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

当たり前といえば当たり前な話だけど。

関連記事

せん妄に対する薬物治療、日本の専門家はどう考えているか | トップページへ戻る | 末梢静脈留置カテーテルは「1週間を目安に」

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント