トップ  >  健康  >  ニンニク油、潰瘍性大腸炎の保護薬として有望か

ニンニク油、潰瘍性大腸炎の保護薬として有望か

2016年01月31日

ニンニク油(GO)は、ラットにおいてデキストラン硫酸ナトリウム(DSS)誘発性大腸炎を抑制し、その効果は抗酸化作用、抗炎症作用、免疫調節作用による可能性があることを、エジプト・タンタ大学のMohamed Balaha氏らが報告した。
ということ。

ニンニク油、潰瘍性大腸炎の保護薬として有望か|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

ニンニク油は、ごま油のようにニンニクからとった油なのかと思いましたが、
オリーブオイルなどの油にニンニクを漬け込んで作るようですね。

にんにくオイル 作り方のレシピ 3品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが227万品

ニンニクに含まれるアホエンという成分がいいみたいです。

ニンニク油が脳の活性化にいいって本当? - 新刊JPニュース

作るのが面倒だったらアマゾンなどで買ってもいいのかなと面ますが、
においの面が気になるところです。

アマゾンで「ニンニク油」を検索
関連記事

末梢静脈留置カテーテルは「1週間を目安に」 | トップページへ戻る | 診療情報提供書、「ネット送受信」可能に

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント