トップ  >  看護  >   診療情報提供書、「ネット送受信」可能に

診療情報提供書、「ネット送受信」可能に

2016年01月28日

中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は1月27日、2016年度診療報酬改定で、患者紹介に当たって、診療情報提供書および検査結果・画像情報等について電子的にやり取りした場合の点数を新設する方針を決めた。
ということ。

医療維新 | m3.com

記事によると、

今改定では、電子的に署名し、かつ安全性を確保し、診療情報提供書を送受信した場合の点数として、「電子的診療情報提供料」を新設する。

ということだけど、
「安全性を確保し」というのは、
具体的にはどうやるのかなと思った。

関連記事

ニンニク油、潰瘍性大腸炎の保護薬として有望か | トップページへ戻る | 家庭でできる子どもの風邪の治療法

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント