トップ  >  健康  >  家庭でできる子どもの風邪の治療法

家庭でできる子どもの風邪の治療法

2016年01月28日

子どもが風邪をひいたとき、保護者は市販の咳止め薬や風邪薬を使わずに治療することを検討すべきだと専門家が警告している。
ということです。

家庭でできる、子どもの風邪の治療法|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

記事中で紹介されている方法は、治療法というよりも、症状の緩和法だけど。

以下。

・鼻水が出る→鼻をかむ。

・鼻づまり→生理食塩水の鼻スプレー、または点鼻薬

・咳がある→生後3カ月未満の乳児は医師を受診すべき。生後3カ月~1歳の乳児は、ティースプーン1~3杯の水やリンゴ果汁などを温めて1日4回与えるとよい。1歳未満ではハチミツを与えられないが、1歳以上なら必要に応じて小さじ1杯のハチミツを与える。コーンシロップでもよい。

・咳が止まらない→温かいミストシャワーで、咳の発作を和らげることができる。
関連記事

診療情報提供書、「ネット送受信」可能に | トップページへ戻る | 理想的な排便時の姿勢は考える人

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント