トップ  >  健康  >  コーヒー摂取量と死亡リスク

コーヒー摂取量と死亡リスク

2015年05月14日

習慣的なコーヒーの摂取が全死亡および心疾患、脳血管疾患および呼吸器疾患による死亡リスクを減らす可能性が示唆された。
ということです。

コーヒー摂取量と死亡リスク~日本人9万人の前向き研究|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

コーヒー好きにはありがたい情報。
関連記事

1時間に2分立ちあがって歩くと、座りっぱなしでいることの悪影響を打ち消せる | トップページへ戻る | 加齢による体重増加を抑えるために食べるべき食品

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント