トップ  >  健康  >  コーヒーの飲む量を増やすと、糖尿病の発症リスクが減る

コーヒーの飲む量を増やすと、糖尿病の発症リスクが減る

2014年10月06日

コーヒーの飲む量を1日に1杯増やすと、糖尿病の発症リスクは1割減るようだ。
ということです。

あの飲み物を飲むほど、糖尿病が減少 米国のハーバード大学が4年間の追跡調査(Medエッジ) – ガジェット通信

コーヒーは好きなので、
良かったなと思いました。

しかし、
コーヒーにアクリルアミドが含まれているということも、最近言われているようで、

アクリルアミド:スナック含有物質に発がん性…食品安全委 - 毎日新聞
こちらはちょっと心配だったりします。

関連記事

エボラ出血熱の治療にあたっていたアメリカの看護師が感染、経緯は不明 | トップページへ戻る | なぜ、老父は「1人ぼっち」も「他人と一緒」も拒むのか?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント