トップ  >  子供  >  親の純粋な良心が、子供を危機に追い込む

親の純粋な良心が、子供を危機に追い込む

2014年09月23日

 親の純粋な良心が、子供を危機に追い込む
という記事を読んだ。

記事の中に書かれていたこと。

昨今「子供の安全安心」が問題となる中、親以外の大人は危険因子として子供から引き離されがちである。子供を「親の所有物」ではなく「社会の中に存在する個人」として扱うために、どのように客観的な視線を親子の間に加えていくべきか。

たしかにそういうところはあるなと思った。

親としては、自分が正しいとおもってやっているのだけど、
果たしてそれがほんとに正しいかどうかは誰にもわからないなと思う。

テレビによく出る教育者のいうことが正しいとも思わないし。

部分的には正しくとも、
全てが当てはまるわけでもないと思う。

子育ての成功とか失敗とか、
どの時点までで考えるかで違ってくるだろうから、
一概には言えないことなんだろう。

良い大学に入れたら成功かも知れないし、
波乱万丈の人生でも、良い人生だったと思えて死ねたら、
成功かも知れないし。


親の影響なんて、
子供が成長していく過程のなかで、
乗り越えてくれたらいいんじゃないかと思う。

自分の子供にもそうであってほしい。


自分にとって確からしいものは、
そんなふうにして、なんとなくぼんやりと、
掴み取って行くものではないかな。

親という役割をこなしていると、
なんとなく確からしいものをつかんだような気がする先から、
消えていくけど。



関連記事

男性は女性の9倍、サメに襲われやすい? | トップページへ戻る | 肥満、がん、うつ、老化、認知症等に効く「魔法の薬」

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント