トップ  >  医療  >  機能性便秘へのプロバイオティクスの効果

機能性便秘へのプロバイオティクスの効果

2014年08月17日

機能性便秘に対するプロバイオティクス治療の研究が増加してきている。英国キングス・カレッジ・ロンドンのEirini Dimidi氏らは、ランダム化比較試験(RCT)の系統的レビューとメタ解析より、成人機能性便秘患者における腸管通過時間、排便量、便秘症状に対するプロバイオティクスの効果を検討した。その結果、とくにビフィドバクテリウム・ラクティスの有効性が示され、プロバイオティクスが全腸管通過時間、排便頻度、便の硬さを改善する可能性が示唆された。
ということ。

機能性便秘へのプロバイオティクスの効果|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

ビフィドバクテリウム・ラクティスは、グリコの製品に入っているようですね。

レポート6 | 研究レポート | 商品開発研究所 | グリコ乳業株式会社

この乳酸菌は、お腹のなかで増えるそうで、2、3日に一回ヨーグルとなどを食べれば良いようです。

一般社団法人 食と健康推進協会 乳酸菌データベース » Blog Archive » GCL2505
関連記事

老人ホームで入居者暴行の疑い、介護士逮捕 | トップページへ戻る | 分娩後の急性腎不全が増加した理由

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント