トップ  >  医療  >  分娩後の急性腎不全が増加した理由

分娩後の急性腎不全が増加した理由

2014年08月17日

カナダ・ブリティッシュコロンビア大学のAzar Mehrabadi氏らは、同国2003~2010年の分娩後急性腎不全について、発生率の動向や背景要因を調べた。その結果、同期間中に同国では発生率が61%増大しており、増大は高血圧症を有する妊産婦、とくに妊娠高血圧腎症を有する妊産婦に限定されたものであったことが判明したという。
ということ

分娩後の急性腎不全が増加した理由/BMJ|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

記事からいえることは、 
分娩後の急性腎不全は、妊娠高血圧腎症の人が増えたから増えた、
ということでしょう。

では妊娠高血圧腎症の人は、なぜ増えたのか?
と、思いました。
関連記事

機能性便秘へのプロバイオティクスの効果 | トップページへ戻る | イヤホンのコードが絡まなくなる方法(米研究)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント