トップ  >  医療  >  病院がないほうが死亡率が下がる! 夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ

病院がないほうが死亡率が下がる! 夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ

2014年08月14日

病院がないほうが死亡率が下がる! 夕張市のドクターが説く、"医療崩壊"のススメ | ログミー[o_O]
という記事を読んだ。

医療崩壊が起きた夕張市で起きたこと。

にわかには信じ難いが、事実なんだろう。

あらためて、自分でなんとかしようとすることが大切なんだなと感じた。

今後、夕張市で起きたことはじわじわと全国に広がっていくのだろう。

日本の財政が厳しくなるに従って。

否応なしに。

(死亡率が下がっているのは、病院がなくなったせいで夕張市内での死亡が減っただけで、夕張市民が周辺地域の病院で死亡するということを含めれば、かわらないのだろうなと思いますが。)




関連記事

コーヒーを多く飲む人は顔のシミが少ない | トップページへ戻る | 現代のタバコは50年前よりも喫煙者を蝕んでいる!?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント