トップ  >  健康  >  現代のタバコは50年前よりも喫煙者を蝕んでいる!?

現代のタバコは50年前よりも喫煙者を蝕んでいる!?

2014年08月13日

現代のタバコは、過去のタバコよりも私たちの健康により大きな影響を与えているという。6月24日付けの英紙「The Daily Mail」が報じている。
ということ。

アンモニア、レブリン酸… 現代のタバコは50年前よりも喫煙者を蝕んでいる!?(米報告)|TOCANA

現代のタバコには、より吸いやすくするような工夫がいろいろとほどこされていて、
記事によると、

レブリン酸などの化学物質で煙をなめらかにして、不快さを和らげる。砂糖で「えぐ味」を減らし、煙を吸い込みやすくする。ニコチンが脳へと届くスピードを早めるため、アンモニアを加える等々……。

ということ。

葉っぱ自体も、品種改良されているのだろうなと思うし。

美味しいことが良いことなのかどうか。



関連記事

病院がないほうが死亡率が下がる! 夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ | トップページへ戻る | 母乳育児の弊害も !? 外で遊ばなくなった子どもたちを襲う「くる病」という脅威

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント