トップ  >  医療  >  電源いらない歩行支援機 安く軽く、名工大など開発

電源いらない歩行支援機 安く軽く、名工大など開発

2014年07月24日

脳卒中などで片足にまひが残った人のリハビリを助ける歩行支援機を、名古屋工業大学の佐野明人教授と、義足メーカーの今仙技術研究所(岐阜県)が共同開発した。自力で歩く二足歩行ロボットをヒントにした、モーターも電源もいらない装具だ。
ということ。

電源いらない歩行支援機 安く軽く、名工大など開発:朝日新聞デジタル

麻痺のある足を補う装置。

高齢の方の転倒予防の装置なども、
発明されたらいいなと思う。








関連記事

バニラアイスにちょい足ししてより美味しくなるもの | トップページへ戻る | 87年間連れ添った夫婦が教える、結婚生活と愛を長続きさせる含蓄あるアドバイス

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント