トップ  >  健康  >  認知症 リスクの低い食生活 日本人で初のデータ

認知症 リスクの低い食生活 日本人で初のデータ

2014年06月20日

認知症を知る14 リスクの低い食生活 日本人で初のデータ|誌面アーカイブ|ロハス・メディカル
という記事。

この記事の二ページ目がちょっと意外だった。

http://lohasmedical.jp/archives/2013/07/14_3.php?page=2

認知症のリスクに対して、
良い影響のある食べ物がプラス、
悪い影響のある食べ物がマイナスで表されているのだけど、
表のうちで一番悪い影響のあると考えられるのが、
「米飯」なのだ。

米飯を食べ過ぎると、ほかのものが食べられなくなって食事のバランスが悪くなるせい、
と、記事の中で書かれているけど、
その理由にも少し無理があるような気がする。

米飯自体が悪影響を与えている可能性だってあるはずなのに、
米飯を援護しているような。

いずれにしろ、
米飯はややひかえめにして、
野菜、肉、豆、海草と、
いろんなものを食べた方がよいということは確かなんだろう。

関連記事

北大、「明るい光+運動」が時差ボケ解消に有効であることを明らかに | トップページへ戻る | 男でも座ってオシッコの習慣を

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント