トップ  >  健康  >  姿勢が集中力アップのカギを握っている

姿勢が集中力アップのカギを握っている

2014年06月08日

集中力の持続が短くなるのは、脳が衰えてるとかじゃなくて、姿勢を維持できないせいだと思います。そして、その姿勢を維持するためには、筋力が重要ということになりますね。
たとえば、読書するシーンを思い浮かべてください。若い時は2時間、3時間とか本を読めると思うんですけど、40~50代にもなると、30分で疲れちゃうという声も聞きます。「集中力がなくなった=脳がおとろえた」、みたいな連想をされるかもしれませんが、これは脳ではなくて、筋力の衰えから来ているものなんです。

ということです。

運動が好きだと仕事の成果も出やすいのか:池谷裕二に聞く「走ることは脳にいいの?」 : ライフハッカー[日本版]

年を脳のせいにしてはいけないのですね。

関連記事

緑茶が膵臓がんのリスクを下げる仕組みを米研究所が解明! | トップページへ戻る | 摂取する食事とガンの発生リスクにはほとんど関連性がないことが判明

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント