トップ  >  医療  >  貼り薬「モーラステープ」で胎児に副作用

貼り薬「モーラステープ」で胎児に副作用

2014年05月01日

厚生労働省は30日、痛みや炎症を抑える医療用貼り薬「モーラステープ」(一般名ケトプロフェン)を使用した妊婦に、胎児の動脈管収縮や羊水過少症の副作用が5例あったと発表した。いずれも後遺症はなく、回復したという。
ということ。

http://www.sanspo.com/geino/news/20140430/sot14043020000008-n1.html

看護師としても、
知っておいたほうがいいと思う。

モーラステープには、
ほかにも光線過敏症という副作用があって、
かなりひどくなる場合があるようだ。
↓ 
http://mountain-ma.com/emma/2013/06/02/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%97%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8%E3%81%AE%E6%81%90%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%95/
関連記事

孫と過ごせば脳の力が高まる | トップページへ戻る | 除菌グッズ効果の根拠なし

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント