トップ  >  ランニング  >  ランニングによって起こりやすい障害と対応方法のまとめ

ランニングによって起こりやすい障害と対応方法のまとめ

2014年03月31日

ストイックすぎるランニングによって発症する「ランニング症候群」とは - NAVER まとめ
という記事を読んだ。

私は中学校の陸上部に始まって、
20年以上走っているので(走る距離にはかなり変動がありますが)、
記事の中に書かれていた「ランニング障」はだいたい経験があります。

走るというのは、
同じ動作を繰り返すことなので、
走る以外に、体のいろんな部分を動かすような運動を同時に取り入れたほうが、
いいのだろうと思います。

そのために、
走りながらできる「ブラジル体操」とか、
個人的にはおすすめです。

ウォームアップ

ストレッチなどの準備体操をしてから走り始めるのは、
かなり時間にゆとりがあるときしかできないので、
忙しい時のランニングにおすすめなのは、
とてもゆっくりとしたジョグから入って体を温め、
ブラジル体操で体をほぐし、
ペース少しペースをあげて呼吸に負荷をかけ、
予定の距離か時間を走ったらブラジル体操でクールダウン。

その後は、
家に帰ってお風呂かシャワー、
できればストレッチ。

こんな流れがいいかなと、
最近は思っています。

関連記事

除菌グッズ効果の根拠なし | トップページへ戻る | 病院の「再入院乱用」防止 厚労省、ルール厳格化

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント