トップ  >  健康  >  睡眠不足が脳の神経にダメージを与えていることが明らかに

睡眠不足が脳の神経にダメージを与えていることが明らかに

2014年03月24日

Penn Medicineの研究によると、慢性的な睡眠不足は、「寝だめ」で解消できないだけではなく、脳細胞に不可逆の損傷を与えているということが判明しました。
ということ。

慢性的な睡眠不足が脳の神経にダメージを与えていることが明らかに - GIGAZINE

記事によると、

マウスの実験によって睡眠不足が青斑核に影響を与えるだけでなく、アルツハイマー病・パーキンソン病のような神経変性疾患を潜在的に加速していることも証明されているとのこと。

ということで、
看護師の私にはちょっとショッキングな記事だった。



関連記事

「太ってる方が死亡率が低い」との調査結果が発表 | トップページへ戻る | 救急車から心電図送信、心筋梗塞の治療早める試み

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント