トップ  >  健康  >  薬と食べ物の危険な組み合わせ

薬と食べ物の危険な組み合わせ

2014年03月11日

薬と食べ物の関係についてまとめられています。

知っておこう!薬と食べ物の危険な組み合わせ - NAVER まとめ

記事に書かれていた危険な食べ合わせは、

抗血栓薬と納豆
抗生物質や高血圧の薬とグレープフルーツ
抗うつ剤とアボカド
せき止め薬とイクラ
牛乳と腸で溶けるタイプの下剤、一部の抗生物質や骨粗しょう症薬、一部の皮膚病の薬


です。

納豆やグレープフルーツは知っていましたが、
アボガドとかイクラも、
ダメな場合があるのですね。

関連記事

「高タンパク質の食事」は早死リスクが高い? | トップページへ戻る | 菓子パン好きの人が人生に与える損失

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント