トップ  >  健康  >  「座る時間」が1時間増えるだけで身体が不自由になるリスクが1.5倍に

「座る時間」が1時間増えるだけで身体が不自由になるリスクが1.5倍に

2014年02月27日

「毎日、長時間座って過ごすことは、その後の身体障害につながる」という研究結果を、ノースウェスタン大学フェインバーグ医学大学院の研究者たちが発表した。
という記事。

「座る時間」が1時間増えるだけで身体が不自由になるリスクが1.5倍に

体はなるべく動かしたほうがいいですね。
関連記事

アスピリン 大腸ポリープの再発抑制効果 | トップページへ戻る | 赤ちゃんのウンチから作ったソーセージが「体にもいいし、美味しい!」と話題

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント