トップ  >  健康  >  食物繊維摂取量が多いほど、心血管疾患のリスクは低い

食物繊維摂取量が多いほど、心血管疾患のリスクは低い

2014年02月20日

穀類、野菜、果物、海藻に豊富な食物繊維の摂取量が多いほど心血管疾患のリスクは低いとの研究結果を英リーズ大のチームが英医学誌『BMJ』に発表した。
とういこと。

食物繊維摂取量が多いほど、心血管疾患のリスクは低い - MSN産経ニュース

栄養補助食品のようなもので食物繊維を摂取するのは、
どうなんだろうかと思った。
関連記事

クラミジアやピロリ菌、ヘルペス感染で記憶力が低下する!? | トップページへ戻る | 暴力やアルコールなどの問題は親から子へ遺伝的に受け継がれる

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント