トップ  >  介護  >  介護負担へらす睡眠センサー 日大工学部など開発

介護負担へらす睡眠センサー 日大工学部など開発

2014年02月20日

日大工学部(郡山市)の酒谷薫教授と医療・介護関連企業のエヌ・ジェイ・アイ(同市)は12日、睡眠センサーを共同開発したと発表した。病院、介護施設のスタッフの見回りや、在宅で介護している家族の見守りという負担の軽減、お年寄りの健康状態の迅速な把握につながるという。
ということ。

福島)介護負担へらす睡眠センサー 日大工学部など開発 - ニュース - アピタル(医療・健康)

睡眠の質まで計測してくれる活動量計というのは既に売られているから、

Withings Pulse 睡眠・心拍計付 アクティビティートラッカー - Apple Store (Japan)
こういうのは、
使い方によって医療や介護に応用できたりするのだろうな思う。

関連記事

暴力やアルコールなどの問題は親から子へ遺伝的に受け継がれる | トップページへ戻る | 長寿の鍵、社会との接触と定期的な運動

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント