トップ  >  健康  >  食べる量、カロリ-よりBMIで 体格に合わせ新基準

食べる量、カロリ-よりBMIで 体格に合わせ新基準

2014年02月06日

1日にとるべき食事の量を定めている食事摂取基準が、大きく変わる。厚生労働省は3日、朝昼晩で計2千キロカロリーなどとエネルギー量を決めていたのを改め、身長と体重から算出するBMIの目標を示し、それを維持できる量を薦める方針を決めた。個人による体格の違いを反映させ、生活習慣病の予防につなげる目的だ。
ということ。

食べる量、カロリ-よりBMIで 体格に合わせ新基準:朝日新聞デジタル

BMIで評価すると、
筋肉量の多い人などで、
当てはまらない部分が出てくると思う。

メタボリックシンドロームの腹囲の基準も、
腹筋とか背筋をきちんと鍛えている人が、
ギリギリだったり。

みんなに一律の基準を当てはめるのは、
どこかに無理が出てくるのことなのだろう。

自分のベスト体重は、
自分自身で判断できたら、
一番良いのではないかとおもう。

関連記事

ブルーベリーの野生種がアルツハイマー病に効果がある可能性 | トップページへ戻る | A型はO型の2倍もストレス多い!?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント