トップ  >  介護  >  お泊まりデイ、3年で26人死亡

お泊まりデイ、3年で26人死亡

2014年01月21日

全国の政令市と県庁所在地、東京特別区の計74市区にある通所介護事業所(デイサービスセンター)の宿泊サービス「お泊まりデイ」で、宿泊時間帯に起きた転倒や誤飲などの事故が2010年度以降少なくとも296件あり、26人が死亡していたことが読売新聞の調査でわかった。
というニュースと、

お泊まりデイ、3年で26人死亡…誤飲・徘徊で : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

同じ日付で載っていた記事。

十人雑魚寝・口には…「無法状態」お泊まりデイ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

二つの記事にはどこまで関連があるのかわからないけど、
両方読むと、
お泊りデイは無法状態だから26人も死亡した、
という印象を受けかねないなと思った。

その印象は、
現実とは少し違うような気がする。

お泊りデイを利用したいと思う人の立場とかも、
もう少し考えて欲しいなと思った。
関連記事

お年寄りの食べる力は取り戻せる | トップページへ戻る | 医療崩壊の第2章が始まる 崩壊する準備は整った

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント