トップ  >  医療  >  スギ花粉症に「なめる」薬 厚労省が初承認

スギ花粉症に「なめる」薬 厚労省が初承認

2014年01月18日

スギ花粉症の根治が期待できる新薬が17日、厚生労働省に承認された。花粉の成分を元にした薬で、口に含んで粘膜から取り込んで体を慣らし、異常な免疫反応を引き起こしている体質を改善する。花粉症の根治療法で「なめる」薬の承認は国内初。注射薬に比べて患者の負担が少なく、専門医の間で普及への期待が高まっている。
ということ。

スギ花粉症に「なめる」薬 厚労省が初承認、根治に期待:朝日新聞デジタル

これは画期的だな。

日本では漆器職人など漆を扱う職業の親方が、徒弟の舌下に少量の漆を置いて少しずつ量を増やす事で漆アレルギーを起き難くさせる、という事が経験則から慣習的に行われていた。
ということなので、

アレルゲン免疫療法 - Wikipedia

古くて新しい治療法なんだろうなとおもう。

関連記事

医師たちは見た!「あんな死に方だけは嫌だな」 | トップページへ戻る | 「歯磨いたか?」や睡眠状態まで記録&通知してくれるデジタルカーチャン

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント