トップ  >  医療  >  脳卒中に新リハビリ法 鹿大霧島・川平教授が開発

脳卒中に新リハビリ法 鹿大霧島・川平教授が開発

2014年01月15日

脳卒中による片(かた)まひ(半身不随)は機能回復が困難とされてきた。一度破壊された神経細胞は再生しないため、まひは回復しないと考えられてきたからだ。しかし、鹿児島大病院霧島リハビリテーションセンター(鹿児島県霧島市牧園町、センター長・川平和美(かわひらかずみ)教授)が昨年、脳の神経回路を強化して機能回復を促進する新たなリハビリ法を開発。軽~中度のまひ患者を中心に成果を上げている。
ということ。

脳卒中に新リハビリ法 鹿大霧島・川平教授が開発 / 医療・健康 / 西日本新聞

アマゾンで売っている書籍



関連記事

子供のオムツを洗濯してしまったら、塩をいれるといいらしい | トップページへ戻る | 日本で60年ぶりの感染!?『デング熱』とは

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2014/01/16 09:06)

霧島市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベル エージェント: 2014年01月16日

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント