トップ  >  ニュース  >  てんかんの薬で歌ヘタが改善できる可能性が明らかに

てんかんの薬で歌ヘタが改善できる可能性が明らかに

2014年01月12日

音痴が恥ずかしくてカラオケが楽しめない。音痴だから人前で歌うのがイヤだ。音痴だからモテない…などなど、音痴でお悩みの方に朗報だ。なんと、ハーバード大学の研究により、音痴はクスリで治せる可能性が明らかになったのだ。
ということ。

【音痴に朗報】てんかんの薬で歌ヘタが改善できる可能性が明らかに:ハーバード大学研究 - IRORIO(イロリオ)

薬はバルプロ酸ナトリウムということなので、
製品めいでいうと、
「デパケン」などだな。

音痴を治すために飲むわけにはいかないだろうけど。
関連記事

大人も子どもも、自信のない人を褒めすぎると成長しない | トップページへ戻る | 「緑に癒される」は本当だった

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント