トップ  >  ニュース  >  「オキシトシン」を鼻からスプレーすることで、コミュニケーション障害が改善する

「オキシトシン」を鼻からスプレーすることで、コミュニケーション障害が改善する

2014年01月09日

日本では、100人に1人以上の患者がいるとされる「自閉症スペクトラム障害」に対して、“愛情ホルモン”ともいわれる脳内分泌物質「オキシトシン」を鼻からスプレーすることで、特に苦手とする対人コミュニケーション障害が改善されることが、東京大学大学院の研究により明らかになったそうだ。
ということ。

「オキシトシン」を鼻からスプレーすることで、コミュニケーション障害が改善することを実証(日本研究) : カラパイア

オキシトシンが鼻から補充できるということかな。

障害を持たない人には、
どんな効果があるのだろうかと思った。
関連記事

赤ちゃんのおむつが濡れていることを知らせてくれるiPhoneアプリ『TweetPee』 | トップページへ戻る | パナソニック、パワードスーツを世界初量産化 1着50万円

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント