トップ  >  薀蓄  >  牡蠣の「生食用」と「加熱用」の違い

牡蠣の「生食用」と「加熱用」の違い

2013年12月29日

牡蠣の生食用と加熱用の違いは、鮮度の違いではなく、
牡蠣の採れた海域と、出荷まえの処理の違いなんだそうです。

“生食用”と“加熱用”の違いをキミは説明できるかな? | web R25


記事より一部抜粋。

「牡蠣を養殖している海域の違いです。保健所が指定した沖合のキレイな海域で育った牡蠣が生食用に、岸辺に近い海域で育った牡蠣が加熱用。また、生食用の牡蠣は水揚げしてから2~3日、紫外線で殺菌作業を行いますが、加熱用の牡蠣は、水洗いしてすぐ出荷されています」

生食用は、
出荷まえの処理によって味が落ちてしまうこともあるのだとか。

関連記事

遺伝子解析サービスが開始 | トップページへ戻る | 一日ジョッキ1杯のビールを飲むと、血流がよくなり心臓が健康になる!?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント