トップ  >  医療  >  診療報酬改定「下げるべきだった」56%

診療報酬改定「下げるべきだった」56%

2013年12月25日

医者が患者を診療したときの医療費算定の基準となる来年度の診療報酬が0.1%増で決着したことをどうみるか。電子版読者の56.5%が「下げるべきだった」との回答でした。
ということ。

診療報酬改定「下げるべきだった」56%  :日本経済新聞

診療報酬を0.1%上げるということは、
医療費全体の増加が0.1%割増される、
ということ。

医療の高度化や社会の高齢化により、
医療費全体は増えつづけているので、
診療報酬をマイナス改定しても、
医療費のトータルは増加しますね。






関連記事

インフルエンザワクチンは女性により効果的 | トップページへ戻る | 腎臓がん手術中に動脈を誤切断、女性患者が死亡

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント