トップ  >  医療  >  ロボットスーツで脊髄損傷や脳卒中患者の身体機能改善

ロボットスーツで脊髄損傷や脳卒中患者の身体機能改善

2013年12月20日

HALは、体に装着することで、失った身体機能を改善・補助・拡張する世界初のサイボーグ型ロボットだ。下半身に障害をもつ人の歩行や立ち座り、階段昇降といった日常生活の動作をサポートするとともに、機能を改善する。
ということ。

ロボットスーツで脊髄損傷や脳卒中患者の身体機能改善 13年の注目技術5位 :日本経済新聞

記事によると、

国内では既に、福祉現場などでの使用が広がっている。

そうだけど、
私はまだ実物を見たことがない。

どんなものか一度見てみたいなと思った。



関連記事

ジョギング中の足の動きをチェックするスマートシューズ | トップページへ戻る | 病棟に置いたチョコレートの生存期間中央値は51分

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント