トップ  >  健康  >  瞑想は遺伝子の表現型を変える

瞑想は遺伝子の表現型を変える

2013年12月15日

瞑想の効果のほどは、IRORIOでも数多くお伝えしてきた。昔から精神は肉体に影響を与えるといわれてきたが、今回はなんと瞑想をすると遺伝子にまで影響があらわれるという研究結果が発表された。瞑想により炎症に関わる遺伝子の表現型が変化し、体にもよい影響を与えるのだという。
ということです。

瞑想は遺伝子の表現型を変えると判明!炎症反応が抑えられるとの研究結果 - IRORIO(イロリオ)

精神と体の関係。

気分がよければ、
良い遺伝子が発現するということなんだろうとおもう。

関連記事

「遺伝子組換えに発がん性」論文が取り下げ | トップページへ戻る | インフルエンザ予防に「ビタミンD」が有効

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント