トップ  >  健康  >  30代の「耳たぶシワ」は死につながる危険な予兆だった

30代の「耳たぶシワ」は死につながる危険な予兆だった

2013年12月12日

耳たぶには動脈の毛細血管が多く存在しています。体内の動脈硬化が進むと、併行して耳たぶの動脈も硬化。
それにより、耳たぶの血流が減少し、耳たぶ内の脂肪が萎縮するため、シワがあるように見えるのです。

ということ。

30代の「耳たぶシワ」は死につながる危険な予兆だった!

この記事を読んでから、
鏡で耳たぶを見に行ったけど、
ちょっとシワがあるような。
関連記事

認知症の高齢者推計550万人、20年で6倍に | トップページへ戻る | 短時間で十分な睡眠を得た感覚にできるアイマスク

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント