トップ  >  医療  >  植物状態にある患者は意識があるだけではなく注意を向けている可能性アリ

植物状態にある患者は意識があるだけではなく注意を向けている可能性アリ

2013年12月09日

何らかの障害があったために、体が動かず言葉もしゃべることができないーーそんな植物状態にある患者には意識があり、場合によっては注意を向けている可能性もある。このような研究がジャーナル誌『Neuroimage: Clinical』で発表された。
ということ。

植物状態にある患者は意識があるだけではなく注意を向けている可能性アリとの研究結果 - IRORIO(イロリオ)

従来、
この研究とは反対のように考えられてきたことが、
傲慢なことだったのかもしれない。
関連記事

短時間で十分な睡眠を得た感覚にできるアイマスク | トップページへ戻る | 口角をあげるだけで、沈んだ気持ちが明るくなる!

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント