トップ  >  健康  >  「こむら返り」に潜む病気とは

「こむら返り」に潜む病気とは

2013年11月23日

ちょっと体勢を変えた時や運動しているとき、足がつってしまうことってないですか? 足がつるのは“こむら返り”とも言われ、足の筋肉が縮んでしまって伸びなくなった状態なのです。
つった時は、立っていられない程の痛みですが、すぐに治まるので、あまり気にしない方も多いと思いますが、このこむら返りには重要な病気が潜んでいることもあるのです。

という記事。

週3回以上は注意?「こむら返り」に潜む病気とは

看護師をしていると、
最近足がつるんですけど、
と、患者さんから相談されることがる。

なので、
足がつる原因について知っていると、
役にたったりする。

記事によると、
足のつる理由は、

ミネラル不足
睡眠中につるのは“疲れ”


と、それから、

片方の足がつりやすい、痛む、歩くと比較的短い距離でも足が痛くなったりつったりするけれど、休むとまた歩けるようになる、という場合状態のときは”閉塞性動脈硬化症”という病気のこともあります。

ということ。

特に最後の「閉塞性動脈硬化症」については、
看護師としても、知っていると良いだろうなと思います。

関連記事

夜更かしは免疫システムにも悪影響 | トップページへ戻る | 「産後クライシス」は、いつ終わるのか?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント