トップ  >  子供  >  大人になってから“ワル”になるかどうかは、3歳のときに見分けられることが明らかに

大人になってから“ワル”になるかどうかは、3歳のときに見分けられることが明らかに

2013年11月10日

アメリカのミシガン大学、デューク大学、ピッツバーグ大学などからなる研究グループによると、3歳前後で動物虐待や自己中心的な言動、冷酷さなどが垣間見れるような子どもは、生涯を通じて不品行になる危険性があるそう。
ということ。

大人になってから“ワル”になるかどうかは、3歳のときに見分けられることが明らかに:米大学研究 - IRORIO(イロリオ)

”ワル"とはどういう状態のことを言うのだろ?
関連記事

座っている時間が長い男性は大腸ポリープが高リスク | トップページへ戻る | ビデオゲームで脳が成長?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント