トップ  >  子供  >  テレビの視聴時間が長い子供ほど、自尊心が低く鬱病の傾向がある

テレビの視聴時間が長い子供ほど、自尊心が低く鬱病の傾向がある

2013年11月10日

「テレビを観ること自体が悪い」というよりも、長時間座りっぱなしで動かないと気持ちがよりナーバスになる傾向にある、ってことか。これはテレビだけでなく、PCやスマホ、ゲームでも同じことがいえそうですよね。
ということです。

テレビの視聴時間が長い子供ほど、自尊心が低く鬱病の傾向があるという研究結果 | ロケットニュース24

体を動かすことは、
子どもから大人まで大切なのだな。

関連記事

“信頼できる”と感じる人は自分と顔が似ていると感じられる | トップページへ戻る | コーヒーは肝臓がんリスクを低減

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント