トップ  >  看護師  >  医療行為 一部を看護師の判断で

医療行為 一部を看護師の判断で

2013年10月30日

医師不足などで重くなっている医師の負担を軽減しようと、厚生労働省は、脱水症状の患者への点滴など41の医療行為について、医師から事前に手順の指示を受けるなど一定の条件を満たせば、看護師の判断で実施できるよう、制度を見直すことを決めました。
という記事。

医療行為 一部を看護師の判断で NHKニュース

記事によると、

厚生労働省は、制度の見直しを盛り込んだ看護師の業務を定めた法律の改正案を来年の通常国会に提出し、2年後の導入を目指したいとしています。

ということで、
実施は2年後。

関連記事

一人も利用者が来ることのない介護施設 | トップページへ戻る | '足育'で転倒防止!運動能力アップ!

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント