トップ  >  看護  >  フランス生まれの認知症ケア「ユマニチュード」

フランス生まれの認知症ケア「ユマニチュード」

2013年10月24日

フランス生まれの認知症ケア「ユマニチュード」が注目されている。ケアの方法を変えることで認知症の人も変わり、意思疎通が図れるようになるという。とりわけ、治療のために拘束や薬の使用を余儀なくされる医療機関で「人としてのケアができる」と評判だ。「魔法のよう」と称されるケアの一端を紹介する。
という記事。

【ゆうゆうLife】フランス生まれの認知症ケア「ユマニチュード」+(1/3ページ) - MSN産経ニュース

記事より、
「ユマニチュード」について書かれた部分を一部抜粋。

「ユマニチュードは、世の中にある『良いケア』を体系化したもの。個々の技術はこれまで行われてきたものでも、フランス的な哲学で裏打ちされ、包括的に行う点が新しさです。人は見つめてもらい、誰かと触れあい、言葉を交わすことで存在する。そして、死に至る日まで、できるだけ立つことで人としての尊厳を自覚する。こちらがそう対応を変えることで、患者も変わっていくのです」

関連記事

看護師が結核発症、患者700人に感染の恐れ | トップページへ戻る | 「患者紹介ビジネス」を禁止へ

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント