トップ  >  医療  >  がんは遺伝子がもたらす病気ではない

がんは遺伝子がもたらす病気ではない

2013年10月12日

がんは遺伝子がもたらす病気ではない:日経メディカル オンライン
という記事より一部抜粋。

がんは、細胞の成長が制御できなくなった結果だが、さらに重要な特徴は、それが進化し続ける、ということだ。人は、がんを、機械的に増殖していく静的な細胞と見なしがちだが、がんはもっと賢く、動的である。がん細胞の新たな世代が生まれるたびに、新たな変異が起きる。さらに厄介なことに、がんは化学療法にさらされると、変異して薬物耐性を持つことがある。つまり、抗生剤を使うと耐性菌が生まれるように、抗がん剤は薬物耐性がん細胞を生み出す恐れがあるのだ。

ガンについて勉強になる一文だと思ったので。
関連記事

看護師の8割が腰痛を経験 | トップページへ戻る | 「カラコン」のトラブル目立つ 県や眼科医が注意呼び掛け

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント