トップ  >  ニュース  >  「カラコン」のトラブル目立つ 県や眼科医が注意呼び掛け

「カラコン」のトラブル目立つ 県や眼科医が注意呼び掛け

2013年10月11日

若い女性を中心に、ファッションアイテムとして人気を集めるカラーコンタクトレンズ(カラコン)。利用が広がるにつれ、インターネットを中心に粗悪品が出回り、目のトラブルを訴えるケースも目立ってきた。岡山県や眼科医は「医師に相談した上で、安全性の高いものを使ってほしい」と呼び掛けている。10日は目の愛護デー。
という記事。

「カラコン」のトラブル目立つ 県や眼科医が注意呼び掛け - 山陽新聞ニュース

記事によると、
カラーコンタクトレンズは、

着色部分をレンズ内に封入している製品は安全性が高いが、レンズの表面にプリントしたものは色素が直接角膜に触れ、無数の傷ができたり、炎症を起こすケースがある。

ということ。

私には着ける勇気はないです。


関連記事

がんは遺伝子がもたらす病気ではない | トップページへ戻る | 病院に行くか迷ったら!自宅待機がNGな子どもの発熱サイン7つ

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント