トップ  >  ニュース  >  セシウム検査で判明した子どもの体内被曝の深刻度

セシウム検査で判明した子どもの体内被曝の深刻度

2013年09月29日

関東15市町で実施されている最新検査で、子どもたちの尿の7割からセシウムが検出されていたことがわかった。ジャーナリストの桐島瞬氏は、その被曝の深刻度を明らかにする。
という記事。

セシウム検査で判明した子どもの体内被曝の深刻度 〈週刊朝日〉-朝日新聞出版|dot.(ドット)

実際どのような影響が出ているのか、
そして、今後出てくるのか。

そのことを正確に把握するには、
どういうことをしたらいいのだろうかとおもう。

チェルノブイリのときの話でも、
健康への影響はほとんどなかった、
というような話から、
甚大な影響が出ている、
という話まで、
両極の話がある気がする。

それは、
両者の立場の違いからくるのか、
関連性を証明するのはそれだけ難しいことだからなのか。

関連記事

看護師は激務ではない | トップページへ戻る | 高額医療の自己負担引き下げへ

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント